読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マホ毛雑記帳

雑記帳に毛が生えたもの

全然知らん奴に3分くらい付きまとわれた話 1

出勤中。

 

某駅のエスカレーター。

 

f:id:mahoge:20151110013324j:plain

 

眠いんじゃ! もう帰りたいんじゃ!

 

と思いながらエスカレーターに揺られていると、

 

 

f:id:mahoge:20151110013441j:plain

 

なんか後ろからめっちゃ走ってくる人が居た。

 

どんだけ慌てとんねん! うるさいんじゃ!

 

とか思いつつ、

 

ぶつけられたりするとムカつくので、目一杯左に寄りかかっていたら、

 

 

f:id:mahoge:20151110013610j:plain

 

なんか真後ろでいきなり止まった。

 

気配からして、一段おいてとかじゃなくて、真後ろ。

 

なんでやねん!!!

 

ピッタリ感が気持ち悪いんじゃ!!!!

 

 

……いや、いくらなんでも知らん奴がそんな奇っ怪極まりない行動するかね?

 

 

f:id:mahoge:20151110013727j:plain

 

こりゃあ多分、お茶目系な同僚だろうな。

 

だとすれば、知らん振りするのもなんかアレだ。

 

と思いつつ、それでも保険をかけるというか、なんというか、

 

ん? なにかな? みたいな感じで

 

 

f:id:mahoge:20151110014001j:plain

 

チラッと後ろの奴を見てみた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mahoge:20151110014026j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mahoge:20151110014036j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

誰!?

f:id:mahoge:20151110014359j:plain

 

全然知らん奴だった。

顔もみくにゃんになる言うねん。

 

 

 

続く